坐骨神経痛の症状・原因・治療法 | 坐骨神経痛@情報館


坐骨神経痛の病院治療

坐骨神経痛の病院での治療は、手術以外の方法として、保存療法が中心になります、特に腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の場合、自然治癒する可能性が高いことから、安静を指示されることが多いものです。「安静」と言うと、ベッドに横になり、ほとんど動けないように体を固定される状態をイメージしがちですが、この場合は腰痛や坐骨神経痛を悪化させる動作のみ制限され、あとは通常のままでよいと指示されるものです。

ヘルニア型の坐骨神経痛の場合、腰の前屈、中腰、長時間の座位などを、同じ姿勢で続けないようにすることです。激しい運動や無理な姿勢もしないように注意します。痛みが激しいときは、すぐ横になって休むことでしょう。保存療法には温熱療法や牽引療法などもありますが、牽引両方は腰痛を併発している場合に有効となります。温熱療法や運動療法は、筋肉の緊張をやわらげ、血行をよくすることで痛みを軽減できます。

椎間板ヘルニアが神経根などを圧迫して炎症を起こしているような状態でなければ、経過観察となります。腰椎椎間板ヘルニアの多くは、特に治療をしなくても飛び出したヘルニアが自然に小さくなって引っ込むため、保存療法から始まります。通常、3ヶ月で8割くらいの人に改善が見られるようです。しかしこのように自然に治ることが多い反面、腰椎椎間板ヘルニアは再発することもあるので、注意も要ります。

痛みを和らげるのに神経ブロック療法も行われますが、排尿障害などが出てくると、保存療法だけでは日常生活の快適さが損なわれてしまいます。保存療法で症状がなかなか改善されず、仕事や普段の作業が行なえないなど日常生活に支障をきたすようになった場合。また、高齢者で、筋力の衰えから歩行が困難になり、排尿や排便の障害をきたすようになったというような場合、手術を行なうことになります。



当サイト人気コンテンツ

坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛の症状として、下肢の痛みのほかに、しびれもよく現れます。しびれは、誰でも日常経験するものです。長時間正座で座っていたり、うたた寝で腕を下にして寝ていたりすると、足や腕にしびれを感じた、・・・ 続きを読む

坐骨神経痛の原因
坐骨神経は、人の体の神経の中で最も長く、体の下半身部分をほぼ坐骨神経が占めていると言ってもいいでしょう。坐骨神経痛の原因は、さまざまなものがあげられます。とくに冬の時期にかかりやすいことが多く、・・・ 続きを読む

坐骨神経痛の治療法
坐骨神経痛を根本的に治療するということは、すなわち坐骨神経痛の原因となっている疾患を治療することです。坐骨神経痛になった人の症状やその原因については千差万別だと思いますが、まずは原因を追求し・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ どんな原因がある?
★ 運動で改善しよう
★ かからないためには
★ ストレッチと温泉
★ 効果的なツボ療法
★ 漢方との関係