坐骨神経痛の症状・原因・治療法 | 坐骨神経痛@情報館


漢方などの東洋医学による治療

薬物療法では、漢方薬が用いられる場合もあります。漢方では神経痛・関節痛などの痛みを「水毒」として捉え、この水毒を改善することを目的にします。また、これらの痛みの原因が「血の滞り」にあると考え、漢方薬を用いることで血の巡りを良くし、慢性化した痛みを改善することができるとされています。

坐骨神経痛の原因である腰部脊柱管狭窄症の治療には、牛車腎気丸、八味地黄丸などの漢方薬が有効とされています。ただ、漢方薬は服用した患者さんの主観による効果報告が多く、客観的なデータがとりにくいのが実情です。

これ以外、坐骨神経痛の一番の悩みである、痛みを解消する方法として、針、鍼灸による治療も良く行われています。針・鍼灸治療は、人間の皮膚の下には生命力を意味する気が流れる経絡が通っていて、この経路が妨げられると病気が生じる、と言われていることに対する対処法です。針治療では通常、1〜20本の細い針を皮膚に10〜30分間ほど挿入し、経路の遮断物を取り除いて気の流れをスムーズにする、とされています。

指圧も効果があるとされています。指圧も鍼灸治療と同様、経絡に気が流れているという考え方に基づき、体の特定部分のツボを指で押し、気の自由な流れを促進して痛みやストレスといった症状をやわらげます。こうした、いわゆる補完代替療法は、患部に直接訴えかけて痛みを取り除くのではなく、身体的、精神的、感情的の全体を捉え、問題を取り除く治療法と考えられています。ただ、これらの治療による効果や予防性に関して、まだ医学的な根拠は示されていません。このため、信頼のできる整体院や鍼灸院を選び、自分できちんと説明を受け、納得をした上で施術を受けることです。



当サイト人気コンテンツ

坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛の症状として、下肢の痛みのほかに、しびれもよく現れます。しびれは、誰でも日常経験するものです。長時間正座で座っていたり、うたた寝で腕を下にして寝ていたりすると、足や腕にしびれを感じた、・・・ 続きを読む

坐骨神経痛の原因
坐骨神経は、人の体の神経の中で最も長く、体の下半身部分をほぼ坐骨神経が占めていると言ってもいいでしょう。坐骨神経痛の原因は、さまざまなものがあげられます。とくに冬の時期にかかりやすいことが多く、・・・ 続きを読む

坐骨神経痛の治療法
坐骨神経痛を根本的に治療するということは、すなわち坐骨神経痛の原因となっている疾患を治療することです。坐骨神経痛になった人の症状やその原因については千差万別だと思いますが、まずは原因を追求し・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ どんな原因がある?
★ 運動で改善しよう
★ かからないためには
★ ストレッチと温泉
★ 効果的なツボ療法
★ 漢方との関係