坐骨神経痛の症状・原因・治療法 | 坐骨神経痛@情報館


坐骨神経痛に用いられる薬

坐骨神経痛に用いられる薬坐骨神経痛は、通常、保存療法で治療を進めながら経過を観察していきますが、痛みを抑えるために、薬も使われます。痛み止めの薬には多くの種類があり、効き方にも個人差があるため、医師が患者の症状を判断し、症状に応じた薬を処方します。一般的には非ステロイド系の鎮痛薬が処方されます。

ただ、非ステロイド系でも、長期間服用し続けると胃を荒らして胃潰瘍を起こしたり、吐き気や下痢などの胃腸症状や過敏症、発疹、肝障害などの副作用が起こることもあります。服用は医師の指示にしたがってきちんと行わなければいけません。高齢者の場合、副作用を避けるために坐薬も使われます。

これ以外、坐骨神経痛の治療に用いられる薬としては、筋緊張弛緩薬が用いられます。筋肉の緊張をやわらげる薬で、筋肉が痛むと反射的にその筋肉は収縮して凝った状態になり、凝りが長く続くと痛みも強くなるという悪循環を起こさないように使われます。消炎鎮痛剤と一緒に使うと効果が上がります。また、ビタミンB12も、血液中の赤血球を増やし、傷ついた神経組織を障害から回復させる働きがあるとされています。

坐骨神経痛の原因の1つに、神経根が圧迫される以外、血液循環の異常から神経や靱帯にきちんとした血液が送られないという、血管が原因の場合もあります。これには、プロスタグランジンE1製剤(PGE1)が用いられます。血管の平滑筋を緩めさせて血管を拡げる作用があります。血管が広がることで神経の血流がよくなり、痛みが軽減されます。ただ、痛み、しびれがあるからといって、長期間に渡って鎮痛剤を服用したり、座薬を連用するのは良くありません。鎮痛薬は痛みの神経をブロックするだけで、根本療法にはなりません。このため、薬だけに頼らず、根本的な治療を受けるのが大切です。



当サイト人気コンテンツ

坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛の症状として、下肢の痛みのほかに、しびれもよく現れます。しびれは、誰でも日常経験するものです。長時間正座で座っていたり、うたた寝で腕を下にして寝ていたりすると、足や腕にしびれを感じた、・・・ 続きを読む

坐骨神経痛の原因
坐骨神経は、人の体の神経の中で最も長く、体の下半身部分をほぼ坐骨神経が占めていると言ってもいいでしょう。坐骨神経痛の原因は、さまざまなものがあげられます。とくに冬の時期にかかりやすいことが多く、・・・ 続きを読む

坐骨神経痛の治療法
坐骨神経痛を根本的に治療するということは、すなわち坐骨神経痛の原因となっている疾患を治療することです。坐骨神経痛になった人の症状やその原因については千差万別だと思いますが、まずは原因を追求し・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ どんな原因がある?
★ 運動で改善しよう
★ かからないためには
★ ストレッチと温泉
★ 効果的なツボ療法
★ 漢方との関係