坐骨神経痛の症状・原因・治療法 | 坐骨神経痛@情報館


神経ブロック注射について

坐骨神経痛の痛みを和らげるために用いられる神経ブロック注射は、神経やその近くに局所麻酔を注射して、神経の伝わりをブロックしてしまう方法です。注射後に短時間、痛みの伝達をブロックするだけでなく、自律神経や運動神経の余計な緊張を取り除き、慢性的な痛みも改善させることができます。血液の流れをよくして障害部分を回復させたり、自分で治癒させる力を高めることもできます。

神経ブロックの種類は、どの神経のどの部分に麻酔薬を注射するのかによって、いくつか種類があります。坐骨神経痛の治療に使われる神経ブロックには、硬膜外ブロックと神経根ブロックがあります。低濃度の少量の局所麻酔薬で、通常はしびれなどの副作用はないと言われています。

■硬膜外ブロック=麻酔薬の働きで感覚神経が遮断され、痛みがやわらぎます。同時に血流がよくなり、筋肉の緊張もほぐれます。痛みを取り除くだけでなく、神経の炎症を抑える効果も期待できます。脊柱管内の硬膜から外側のスペースに、局所麻酔薬や、時にはステロイド薬を注射し、神経組織に吸収させます。痛みの起きている部位により、腰部硬膜外ブロックと仙骨硬膜外ブロックがあります。背中に局所麻酔をしてその後、硬膜外針というやや太めの針を入れていきます。局所麻酔がうまく効いていればあまり痛みはありませんが、硬膜外腔という狭いスペースに針先を到達させないといけないので、腰椎の変形が強い人や神経の圧迫が強くそのスペースが非常に狭くなっている場合、何回か針の方向を変えないといけないことがあります。 

■神経根ブロック=狭窄型やヘルニア型の坐骨神経痛によく効く神経ブロックと言われています。坐骨神経痛の痛みを伝えている神経根に直接、麻酔薬を注射します。造影剤を一緒に注射して、神経根の圧迫状態などを観察することもあります。注入された薬剤が直接神経根に触れるため、強い痛みを感じる人もいます。痛みは、腕にするような注射とは比べものにならないといわれますが、怖がらずに受けることでしょう。保険の対象となるので、費用も余りかかりません。



当サイト人気コンテンツ

坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛の症状として、下肢の痛みのほかに、しびれもよく現れます。しびれは、誰でも日常経験するものです。長時間正座で座っていたり、うたた寝で腕を下にして寝ていたりすると、足や腕にしびれを感じた、・・・ 続きを読む

坐骨神経痛の原因
坐骨神経は、人の体の神経の中で最も長く、体の下半身部分をほぼ坐骨神経が占めていると言ってもいいでしょう。坐骨神経痛の原因は、さまざまなものがあげられます。とくに冬の時期にかかりやすいことが多く、・・・ 続きを読む

坐骨神経痛の治療法
坐骨神経痛を根本的に治療するということは、すなわち坐骨神経痛の原因となっている疾患を治療することです。坐骨神経痛になった人の症状やその原因については千差万別だと思いますが、まずは原因を追求し・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ どんな原因がある?
★ 運動で改善しよう
★ かからないためには
★ ストレッチと温泉
★ 効果的なツボ療法
★ 漢方との関係