坐骨神経痛の症状・原因・治療法 | 坐骨神経痛@情報館


坐骨神経痛のタイプを知ろう

お尻や足に痛みやしびれが続き、坐骨神経痛の疑いが強い場合、自分がどのタイプの坐骨神経痛なのかを知り、適切な対処を行うことも大事です。坐骨神経痛は、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアの病気の症状として現れることが多く、タイプとしては狭窄型坐骨神経痛、ヘルニア型坐骨神経痛、合併方坐骨神経痛の三つに分類するできます。

坐骨神経痛のタイプを判断するときは、布団やベッドの上などやわらかい場所で行なうと、体がバランスを取ろうとして脊椎に余計な力がかかり、正確な判断が出来ないことがあります。このため、体が安定する平らな場所で行なうことです。

まず、平らな床の上に立ち、上半身を前後に倒してみて、どこに痛みやしびれを感じるか見てみます。上半身を後ろにそらしたときに痛みやしびれを強く感じる場合、狭窄型坐骨神経痛となります。逆に上半身を前に倒したときに痛みやしびれが強い場合、ヘルニア型坐骨神経痛になります。どちらにそらしても痛みが増す、という場合、両方を併発した合併型坐骨神経痛ということになります。このような場合、脊椎の疾患が悪化している可能性もあるので、早めに整形外科で診てもらうべきです。

また、これ以外に、安静にしていても激しい痛みが治まらない、症状が両足にあらわれている、などの場合は坐骨神経以外の病気の可能性もありますので、整形外科で詳しく症状を伝えたほうがよいでしょう。腰やお尻、足の痛み以外にも動悸、息切れ、更年期障害、排尿障害などの症状がある人は、それぞれの専門医の診察を受けることです。坐骨神経痛の痛みだ、と思っても、実は足の血管が詰まっていたり子宮がんや前立腺がんが原因のこともあるのです。



当サイト人気コンテンツ

坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛の症状として、下肢の痛みのほかに、しびれもよく現れます。しびれは、誰でも日常経験するものです。長時間正座で座っていたり、うたた寝で腕を下にして寝ていたりすると、足や腕にしびれを感じた、・・・ 続きを読む

坐骨神経痛の原因
坐骨神経は、人の体の神経の中で最も長く、体の下半身部分をほぼ坐骨神経が占めていると言ってもいいでしょう。坐骨神経痛の原因は、さまざまなものがあげられます。とくに冬の時期にかかりやすいことが多く、・・・ 続きを読む

坐骨神経痛の治療法
坐骨神経痛を根本的に治療するということは、すなわち坐骨神経痛の原因となっている疾患を治療することです。坐骨神経痛になった人の症状やその原因については千差万別だと思いますが、まずは原因を追求し・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ どんな原因がある?
★ 運動で改善しよう
★ かからないためには
★ ストレッチと温泉
★ 効果的なツボ療法
★ 漢方との関係